収入証明不要でカードローンを申し込むことができます

MENU

収入証明書がなくても借りられる

カードローンでお金を借りようとしたら、収入証明書が必要だと言われてしまった…なんて、申し込んだときにその必要性を知って慌てた人も少なくないのではないでしょうか。すんなりと用意できればいいですが、会社から発行してもらう必要があったり、区役所にいかなければ手に入らない書類だったりしたら…ちょっと用意するのが難しくなってしまいます。収入証明を用意するのに手間がかかる場合は、収入証明が不要で済むところのカードローンを申し込んでみましょう。

 

収入証明は必ずしも必要というわけではなく、なくても借りられるところはあります。しかも、ここ最近増えているほど。ただし、借りられる金額は通常よりも低く設定されています。

 

ちなみに、カードローンの申し込み時に用意しなければいけない書類は、収入証明書以外にも本人確認書類があり、これは必ず必要となる書類です。収入証明書としては源泉微収票や確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書などで、本人確認書としては運転免許証や保険証、パスポートなどです。給与明細書に関しては、たいてい1か月分の提出ですむのですが、なかには数か月分…2〜3か月分必要とする場合もあるので注意が必要です。


収入証明書が必要な場合、不要な場合

そもそも、収入証明書が必要になる時というのは、申込金額が高額の時です。銀行のカードローンでは、銀行によって多少の違いはあるものの、大体100万円以上の貸し付けになると収入証明書が必要になるようです。ここらへんのボーダーラインはあいまいで、なかには300万円でやっと必要になる銀行もあるほど。逆に消費者金融はきっちりとボーダーラインが決まっており、しかも銀行よりも低く50万を超える貸付では必ず必要となります。このように、どこで借りるかで収入証明書の必要性が変わってくるわけですが、融資額に関係なく、借りる際には必ず収入証明書が必要となるところもありますので注意が必要です。

 

ちなみに、収入がない専業主婦の場合はどうなるのでしょうか?収入がないのですから、収入証明書の提出を求められても用意することができません。この場合は、配偶者である夫の収入証明書が必要となります。銀行のカードローンでは、ほとんどが必要となりますので準備しておくと楽です。

 

では、収入証明書がいらない場合はどのような場合なのかというと、融資金額が少ない時です。もしも銀行のカードローンを利用するとして、その銀行が100万円から収入証明書の提出を必要としていたら、100万円以下で借りればいいのです。それなら、収入証明書の提出は不要となります。その場合、運転免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類だけで手続きをおこなうことができます。最近では、わざわざ来店することなく、書類を写メでとって送るだけで済むところもあります。


収入証明書とは?

カードローンを利用する際には、決められた金額以上を借りるとなると、収入証明書を用意する必要性がでてきます。そのボーダーラインは融資をお願いする会社によって異なりますが、消費者金融では50万ほど、銀行では100万や200万、300万円といった高額でしかもバラバラ。大きな差がみられるところとなっています。いくらで収入証明が必要になるのか、申込前に確認しておくと安心です。

 

カードローンに必要な収入証明書には、源泉微収票や住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書などがあります。給与明細書は毎月会社から支給されるので、このなかでは一番用意しやすい書類といえます。基本的には、これらの書類のどれかをコピー、もしくは一部提出するだけでOK。普段から、こうした書類は一カ所にまとめておくと、いざという時に慌てなくて済みます。融資額が大きくなる場合は、本人確認書類と一緒に提出することになります。


収入証明書の提出時の注意

収入証明書を提出する場合、いくつか気を付けなくてはいけないことがあります。まず、申し込む会社によって微妙に違う事もあるので、必ずきちんと確認するようにします。間違いやすいのが給与明細書で、基本的には1ヶ月のところが多いですが、金融会社によっては2ヵ月や3ヶ月といった複数月分が必要になる事もあるのです。ちなみに、地方税が記載されているようであれば、1ヶ月分だけでも十分に通用するようです。

 

また、提出する書類は常に最新に内容であることが求められます。ですから、書類によっては発行した日付で処理されない場合もありますので、用意した書類が最新のものかどうかを確認。それから提出するようにします。せっかく用意したのに間違えて古い書類を持ってきてしまっていたら、無効となってしまうだけでなく、書類の不備として審査に通ることはもちろん信用にも響きかねないことになるのです。

 

そして、消費者金融と銀行では、収入証明書を用意する条件が異なる事をしっかりと把握しておきます。消費者金融では50万以上の融資で必要になるといった、低い金額で用意する傾向があります。銀行では100万で用意するといった高額での設定になっていますが、なかには200万や300万と大きく異なる事もあるので要確認です。専業主婦の場合では、収入証明書が必要ない専用のカードローンもありますが、場合によっては配偶者の収入証明書の提出が必要になるところもあるので注意が必要です。


更新履歴