カードローンと言っても、さまざまな呼び方がされているのです

MENU

カードローンは大きく分けて3種類

カードローンには、銀行カードローンや消費者金融のカードローン、クレジットカードによるキャッシング枠など…実にさまざまな種類が存在しています。呼び方も会社によって微妙に異なっていたりするので、あまり良く知らない人からみると戸惑ってしまうこともしばしば。

 

基本的にカードローンというと、銀行のカードローンと直結して考えられやすくなっています。信頼も高い銀行が取り扱っているということで、その安心感も高く人気のカードローンとなっています。最近では、大手銀行だけでなくネット銀行などでも取り扱うところが増えており、それと同時に利用者も増えています。しかも、金利が低く設定されているだけでなく、審査などの利用するために乗り越えなくてはいけないハードルが低いのも良いところ。ただ、審査はスピーディーに終わるといわれているものの、実際にはそれなりの時間がかかってしまう事の方が多いようです。さらに、保証会社が間に入ることからも、銀行だけでなく保証会社の審査もパスしないといけないのです。

 

消費者金融系のカードローンでは、大手ほど人気が高いもの。金利面では銀行よりも高くなってしまいますが、その審査はスピーディーで比較的柔軟。融通が効きやすいので、すぐに現金が必要な人にはとても助かるものとなっています。最近では対応力も向上しており、借りる側の要望に沿ったサービスが特徴。ただ、貸金業法にある総量規制の対象となります。

 

クレジットカードは、ショッピング枠とは別にあるキャッシング枠を利用してのお金の融資。利率は会社によって異なりますが、審査が通りやすいので、1枚はもっておくともしもの際に便利です。クレジットカードで買い物をしつつ、現金での支払いではキャッシング枠でお金を引き出せると…2つの器用な使い方ができるので便利です。


カードローンの利用方法

基本的に、カードローンの利用方法はとても簡単。カードローンのカードで、コンビニのATMや提携ATMで気軽にお金を借りることができます。カードを入れて必要な金額を入力するだけと手軽です。その為、ちょっと困った時に対応できるように、あらかじめ申し込んで作っておく人が増えています。コンビニのATMであれば時間に関係なく利用することができるのですが、深夜や土日祝日などは手数料が高くなるので注意が必要です。手数料が気になる人は、手数料がかからないカードローンを選ぶようにするといいでしょう。

 

また、カードローンでは、限度額以内であれば何回でも借りることができます。限度額は個々の状態によって異なりますが、収入が多く勤続年数が長い人は最初から金額が高くなる傾向に。最初に借りた金額が利用限度額内で、さらに次に借りた金額を足しても限度額内であれば、また借りることができるのですが、借入額が限度額いっぱいになると借りられなくなります。返済したら借りられるようになります。ただし、借り入れが多くなるという事は、毎月の返済額も増えていくという事ですので、「まだ借りられるから」といって必要以上に借りるのはやめておきましょう。


関連ページ

カードローンで失敗しない為に
カードローンは便利ですが、使い方を間違えると大変な事になります。 返済ができなくなり、生活が破たんすることもあるので注意が必要です。
カードローンの選び方
カードローンは、ただ単に知っているところを選べばいいといったものではありません。 きちんと比較検討し、自分にあったところを選ぶようにしましょう。